ムダ毛の自己処理で後悔しないために

脱毛なら安心を選びたい

安全・確実にムダ毛の処理をしたいと考えた場合、ムダ毛処理のオススメなら、専門の脱毛エステサロンへ行くのが一番安全です。

専門のスタッフがいて、カウンセリングなど本人の肌の状態を確かめることから始めてくれるので、その人に一番合った方法で脱毛してもらえます。特に肌を露出する機会の多い方は、少し無理にでも都合を合わせてサロンで脱毛してもらうのがよいでしょう。肌へのダメージは蓄積します。

しかし、そんな時間が取れないという場合、自宅で安全にムダ毛処理をしたいなら、まずは処理をしたい肌面を清潔にすることを心がけましょう。菌トラブルが一番怖いです。そして、できれば道具は市販の剃刀などではなく、電化製品店で発売されている家庭用脱毛器を利用しましょう。

価格は少しお高めですが、肌表面を傷つけないよう配慮された作りになっています。除毛クリームなどでもよいですが、自分の体質にあったものを吟味して選びましょう。いずれにせよ、肌を傷めることに変わりはないので、少しでも肌への影響を考慮し、自分にあった方法で脱毛するのがよいでしょう。

ムダ毛処理の道具について

ムダ毛の処理、どのような普段は道具を使っているでしょうか。

最近は市販品にもいろいろ脱毛グッズのバリエーションが増え、剃刀、シェーバー以外にも撫でるだけで肌表面の毛を巻き切る除毛パッドや、こすって摩擦で毛を取る除毛用タオルなどが発売されています。

その中でも最も身近で簡単なのが、ピンセットなどの毛抜きによる脱毛です。剃刀での剃り残しを嫌い、脇や脛など毛抜きだけで処理する女性も少なくないようです。しかしそこで注意したいのが、毛穴に入るばい菌です。毛を引き抜くことにより毛穴が広がり、どうしてもばい菌が入りづらくなってしまいます。

それなら剃刀ではいいのかと言えばそういうわけではなく、剃刀で肌を傷つければ肌トラブルの原因となりますし、どうしても剃った断面が斜めになってしまうので、次に少しでも毛が伸びてきたらいつもより濃く見えてしまいます。

除毛パッド・タオルなども肌の角質をそぎ取ってしまうため、頻繁な使用は避けた方がよいでしょう。どの道具を使えばいいと一概には言えませんが、使用頻度・使用方法には十分注意が必要です。

参考サイト

話題になっているダイエット茶
乾燥肌の守る保湿クリーム